様々な人たちとの意見交換の場
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第79回【快てき会!】のお知らせ

心のバリアフリー映画 『千里翔べ』

完 成 披 露 試 写 会 の お 知 ら せ
2015 年 12 月 6 日(日) 14:30~

会場:「日比谷図書文化館」
千代田区立 日比谷図書文化館 地下一階
千代田区日比谷公園 1 番 4 号
(旧・都立日比谷図書館)

第73回の【快てき会!】で、
堀河監督の『上にまいります』の試写会を行いました。
その、堀河監督の最新映画が完成しました。

この映画は、クラウドファンディングの協力も活用し完成しました。
プロジェクト名:
「脳性まひの少年の、映画俳優になるという夢を叶えたい!」
みなさまのご支援により、目標金額を達成することができました。
【快てき会!】からも、協力させて頂きました。

主役は脳性まひの健吾くん。
友情出演に、乙武洋匡さん & あそどっぐさん。
心のバリアフリーを根幹に、自然と人間の共存を考える朗らかな短編映画です。

今回の【快てき会!】では、
堀河監督の伝えたいことを、受け取りに行きたいと思います。

スタジオウーニッシュ主催の試写会につき、
入場無料です。

≪第 1 部:試写会≫
(司会:北條真、西川綾乃)
14:30~ 開場・受付開始
14:55~ 監督挨拶
15:00~
* クラウドファンディング支援者 antena.様 CM 上映
* 本編上映(聴覚障がい者用日本語字幕が付きます)

15:35~ キャスト、スタッフ挨拶
(自己紹介、撮影時のエピソードなど)
フォトセッション
16:10~ 試写会終了
試写後、キャスト&スタッフ、関係者にて≪第 2 部:完成披露パーティー≫が行われます。

参加ご希望の方は、12/1までに、
こちらまで! ⇐ クリック!

試写会

完成披露パーティー

第73回【快てき会!】

堀河洋平監督・2作品試写会!

堀河監督は、現在、新作短篇映画『千里 翔べ』作りに取り組まれています。
スタジオウーニッシュ

監督のフェイスブックページは、
【シナリオ第9稿を書き終えました。決定稿です!
今日はお母さんの誕生日。
この映画は、母の物語でもあります。
「産んでくれて、ありがとう。お母さん!」という台詞が大好きです。】
という言葉があります。

「障害のある暮らし」という視点で映画作りをされています。
新作映画は、今年の年末に公開の予定と聞いております。
それに先立ち、障害のある人を主人公にした堀河監督の2作品の試写会を行い、
これからの社会について話し合いたいと思います。

2012年作品 【てるてる坊主と金魚姫】本編60分
http://terukin.com/
2014年作品 【上にまいります】本編23分
予告動画あります!
http://seckietwelve12.wix.com/studio-wooonish#!video/c9sf

日時:2015/6/20 13:30~16:00
会場:調布市民プラザあくろす 
    調布市市民プラザあくろす
    〒182-0022 調布市国領町2-5-15 2階
    多目的室

スケジュール
13:00  開場
13:30~ 開始 参加者自己紹介
13:45~ 堀河監督のお話
14:00~ 試写会
15:30~ 意見交換会
16:30  終了予定

続きは、近所の居酒屋さんに会場を変え、更に話し合いたいと思います。

お申し込みはこちら!
info@peace21.co.jp

会費:一般 2,000円 学生 1,500円
高校生は無料!
定員:12名(先着順)

対象:もの作り系の学生・セミプロ・プロ・教員、医療系の学生・
理学療法士・作業療法士・ケアマネージャー・ヘルパー・教員、
障がい者・そのご家族、物販関係者、その他興味のある方
タイトルに【〇月〇日快てき会!参加申し込み】と記載の上、
下記内容をお書き下さい。
info@peace21.co.jp
1 お名前
2 一般/学生の種別
3 所属 (例:もの作り系:学生・セミプロ・プロ・教員・リフォーマー、
  医療系の学生・理学療法士・作業療法士・ケアマネージャー・ヘルパー・教員、
  障がい者・そのご家族、物販関係者、特に所属はないが話が聞きたい!など)
4 連絡先(携帯等)
5 その他、当日特に聞きたいことなどありましたらお書き下さい。

お待ちしております! 
終了後には、交流会を行います。
交流会のみの参加もOKです。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。
info@peace21.co.jp
第67回 【快てき会!】
誰もが暮らしやすい社会とは?
~ユニバーサルデザイン・サービスロボット~

(一財)産業人材研修センター
(公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会
共同開催事業に、講師として呼んでいただきました。
多くの方にご参加いただきたいので、【快てき会!】の活動として、
発信させて頂きます。

「誰もがいきいき暮らせる社会は、私たち消費者の願いです。
今回、ユニバーサルデザイン、サービスロボットについて
お二人の専門家をお招きし、最新の情報を基に、
私たちは、消費者市民として、どのような社会を築いていけばいいのかを、
皆さまとご一緒に考えてみたいと思います。」

日 時:1月31日(土)13:30~16:30(開場 13:00)
  場 所:大阪産業創造館 6階 会議室E
     大阪市中央区本町1-4-5
      地下鉄堺筋線 堺筋本町下車徒歩5分
      http://shisetsu.sansokan.jp/access.html

内 容:第一部
1.講演 「暮らしに生かす、ユニバーサルデザイン」
        NPOユニバーサルファッション協会 副理事長
         株式会社peace21 代表取締役   佃 由紀子氏

2.講演 「暮らしに役立つ、ロボットサービス」
        IRC知能ロボティクス研究所
        ネットワーク研究室室長     宮下 敬宏氏

 第二部
   会場まるごと座談会
   佃 由紀子氏(コーディネイター)・宮下敬宏氏 ・消費者代表


  対 象:一般・NACS会員
  定 員:100名(事前申し込み 先着順 定員になり次第締め切ります)

  締 切:1月25日(日)
  

  参加費:無 料

  申込み:①氏名、②住所、③電話番号、④Eメールアドレスを明記し、下記までお申込みください。
      E-Mail:mailto:west-jigyou@nacs.or.jp(馬瀬)
      *申し込みを確認しましたら、担当者からご連絡いたします。
第66回 【快てき会!】
~初心者のための終活セミナー~

2014年8月から始まった【平成26年度東京大学市民後見人養成講座】を、
ただ今、受講中です。
そこで、勉強中のメンバーと共に、
「認知機能が低下した時に必要なコト」を考える会を開催することにしました。
【快てき会】の活動としても、皆様にご案内いたします。

分野: 保健・医療・福祉/高齢者支援
対象者: 高齢者
開催日: 2015年1月18日(日)
時間:   13:30~15:30
会場:    調布市市民プラザあくろす  
       2F市民活動支援センター内 会議室1
主催: 東京大学 市民後見人養成講座7期生 
        調布・狛江・世田谷の会
お申込み: 042-498-3381
        (市民活動支援センター電話代行サービス)

定員:    30名(先着順)
内容:    もしもの時に、自分の思いを伝える情報として、
        またいざという時に、大切な人があわてないように、
        介護、財産管理、葬儀などについて一緒に考えます。
参加費:  無料

ご関心なる方、どうぞお申し込みください!
第65回【快てき会!】は、 『災害と衣服』の公開ワークショップです! 

一般財団法人国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD:総裁 瑶子女王殿下)が実施する、
ワークショップに乗り入れます!
http://www.ud-2014.net/program/workshop.html

11月12日 12時から15時まで『災害と衣服』をテーマにワークショップを行います。

参加者募集!!!
ワークショップ参加者 10名程度
見学者 20名程度

本ワークショップは、オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の世界を見据えた課題や、
2020年以降の取り組むべき方向性を示すことを目的としています。
7つのテーマ毎に、そのテーマに沿った有識者や多様な人々の参加により、
「フィールドワーク」や「体験セッション」を実施し、観察や体験のリアリティの中から、
解決すべき課題や未来への兆しとなるメッセージを発見及び抽出し、
方向性を可視化(プロトタイピング)していきます。

ワークショップテーマ
☆ 災害時に必要な「衣」
キーワード:
津波、72時間、一時避難所、保温、ユニフォーム、再帰反射素材

【災害時に必要な「衣」の要素抽出】

ワークショップ参加者 10名程度:
    教育関係者、アパレル・資材関係者、
    ユニフォーム製造業者、
    医療・介護関係者、留学生、障害のある方、
    その他関心のある方、
    ☆発災時に今着ているものでできること、
    ☆日ごろ着るものにあってほしい機能

見学者 20名程度:講演聴講、
    体験ワーク・ワークショップの見学

※ワークショップ参加費 :5,000円
 見学費          :1,000円  

実施概要:
主催:一般財団法人国際ユニヴァーサルデザイン協議会
   ワークショップ担当:衣のUDプロジェクト

日  時:平成26年11月12日 12時から15時まで
場  所:東京国際交流館 会議室2&3
      〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1 
      国際研究交流大学村内
      TEL:03-5520-6033  FAX:03-5520-6034 
WS参加者(人数):
     ユニヴァーサルデザインに関心のある方、
     アパレル関係者、教育関係者、
     衣に関心のある生活者等  約 30名

1 講演:東北福祉大学 地域共創社会貢献推進室 
      金義信特任准教授
    発災直後にヒッチハイクで南三陸町へ向かわれ、
    その後継続的に学生と支援活動をされたご経験 
    からお話しいただきます。
2 体験ワーク:再帰反射素材を用いた実験
3 ワークショップ:
    様々な立場に立った災害時の衣服の検討

ご関心のある方、参加ご希望の方は、
info*bpeace21.co.jp 佃までご連絡をお願いいたします。
*部分を@に変更してご使用ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。