様々な人たちとの意見交換の場
世の中快てき研究所のツクダです。

第16回、4月の【快てき会!】は、4月9日に開催いたしました。
《在宅介護&若年性アルツハイマー型認知症を、知る・学ぶ》
というテーマで行いました。

在宅介護(今年で19年目)をなされている方のご自宅にお伺いし、
胃ろうでの昼食、お薬の取り方、ベッド・リフトの使用状況、
パジャマのこと、マット・シーツのこと、
必要グッズの揃え方・整頓の仕方、動線の考え方・作り方、
今までの認知症の症状の推移、対応の変化、現在の状況、これから・・・、
などなど、具体的に丁寧にお教えいただきました。

55歳という若さで、「今までと違う」ようになっていく妻。

肉体的負荷と精神的負荷。
そのバランスのとり方。
自己現状をつかむこと、そこから改めて、自分を見直すこと。
どうしたら、自分がハッピーでいられるか。
「介護を通して、新しい自分になれた、妻に感謝している」
という気持ち。

まだ、介護保険制度が施行される前から、
行政や医療機関、民間サポートと関っていかれた一人の男性の歩み。

大変いろいろなことを学ばせて頂きました。


個人の中に、肉体と精神があるように、
社会の中には、ハードとソフトがあります。
ハード、建物や道具。
ソフト、サービスや人との関りそのもの。

道具が、出来ること。
道具が、肉体的なサポートだけではなく、
精神的なサポートまで支えられるように。

次回の【快てき会!】にも、今回の内容を反映させたいと思います。
以上、ご報告でした。





心も身体も元気一杯ネットショップ【虹色椿】
人と社会の可能性を追求するPeace21
ショップ店長ブログ
お問合せはこちら
私も!あなたも!【快てき会!】
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://peace21peace.blog71.fc2.com/tb.php/25-9e2e8358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック