様々な人たちとの意見交換の場
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【共に生きる】【循環型社会の実現】ことをテーマに、
様々な専門家・活動家・生活者の方々にお話しいただき、
参加者同士話し合うことで、各々の視点を広げ、
されにそれを、各々の仕事・暮らしに活かしていく・・・、
というスパイラルアップ流れを作っていく。
それが、【快てき会】の趣旨です。

さて、昨今、産業政策を担う経済産業省若手官僚プロジェクトが、発表した一通の文書が反響を呼んでいます。
「不安な個人、立ちすくむ国家〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜」

65枚にのぼるパワーポイントの資料は、
多くの日本における「既存の意識」と「現実」がずれているか!
その軋みを、畳みかけるように提示しています。

戦後直後の1947年に施行された日本国憲法は、
【国民主権】【基本的人権の尊重】【平和主義】を宣言し、
復興を目指し、社会経済・福祉行政が進められてきました。
その中で構築されたシステムは、戦後72年となる現在、
行き詰まりを露呈しています。

前述の若手官僚プロジェクトにも相談役として関わってきた、
経産省の人材政策の責任者、働き方改革の中心人物である
伊藤禎則参事官へのインタビュー記事を抜粋すると・・・。
(出典:https://www.businessinsider.jp/post-33716)

「これから『1億総学び社会』が来る。一番大切なのは、生涯学び続けること」
1. AI到来で生まれる格差
2. 人生100年時代で変わる働き方
3. 生産性向上への王道
「従来の雇用モデルは均一的な仕組みだったが、新たなモデルの特徴は多様性にある。『選択肢』を増やすことだ」
「現在、学生の方も社会人になりたての方も、80歳まで仕事する時代で、環境は大きく変わっていくというのが大前提」
「まずはリベラルアーツ(教養)や、人と交わる力といった、しっかりした素養を身につけたくさんの経験をして、複数の手持ちの『カード』をもつことではないでしょうか」

ということです。これから、いったいどうなるのか?
答えを示唆する情報は、あえて書かれていない、ということですが、
ちょっと暗い気持ちになりました。
とは言え、多様な働き方を考える良い機会だと思いました。



スポンサーサイト
2017年の第一弾
第89回【快てき会!】
『自分の人生の幕の引き方』を考える!

ある日、突然?やってくるであろう『人生最期の幕』。
思い残す事がないようにしたい気持ちはあるけれど、自分に必要な準備とは?
お金のこと、財産整理のこと、お葬式のこと等を、
現在、中央大学大学院法学研究科で成年後見について研究している、
現役信託銀行マンに、リアルに教えてもらいます。

スピーカー:土橋 正忠さん
プロフィール:
1983年大手信託銀行に入社。
資金運用業務・年金信託業務・不動産業務・遺言信託業務・融資業務等を歴任。
現在、大学等が主催するシンポジウムのパネリストとして
「成年後見制度と信託の融合」について分かりやすく解説をされています。

日時 : 2017年2月18日(土曜日) 13:30~16:30
会場 : 調布市市民プラザあくろす3F
男女共同参画推進センター内 研修室1
調布市国領町2-5-15

スケジュール
13:00  開場
13:30~ 開始 参加者自己紹介
13:45~ 土橋 正忠さんのお話
15:30~ 意見交換会
16:30  終了予定

お申し込みはこちら!
info@peace21.co.jp

会費 : 一般 2,000円 学生 1,500円
      高校生は無料!
定員 : 12名(先着順)
      

対象:もの作り系の学生・セミプロ・プロ・教員、医療系の学生・
理学療法士・作業療法士・ケアマネージャー・ヘルパー・教員、
障がい者・そのご家族、物販関係者、その他興味のある方
タイトルに第89回 【快てき会!】参加申し込みと記載の上、
下記内容をお書き下さい。
info@peace21.co.jp
1 お名前
2 一般/学生の種別
3 所属 (例:もの作り系:学生・セミプロ・プロ・教員・リフォーマー、
  医療系の学生・理学療法士・作業療法士・ケアマネージャー・ヘルパー・教員、
  障がい者・そのご家族、物販関係者、特に所属はないが話が聞きたい!など)
4 連絡先(携帯等)
5 その他、当日特に聞きたいことなどありましたらお書き下さい。

また、会終了後、2Fにあるワタミにて、懇親会を開きたいと思います。
17:00~19:00くらいまでと思っております。
是非とも、ご参加ください。
よろしくお願いいたします。
第88回【快てき会!】のお知らせです。

「女を修理する男」上映会
に参加します。

主催: 東京大学博士課程教育「社会構想マネジメントを先導するグローバルリーダー養成プログラム」(GSDM)
共催:東京大学総合文化研究科 人間の安全保障プログラム(HSP)/教養教育高度化機構国際連携部門
後援:アフリカ協会、大竹財団、国連広報センター(UNIC)、NPO 法人 人間の安全保障」フォーラム、
グローバル地域研究機構・アフリカ研究センター/持続的平和研究センター/持続的開発研究センター

日時:2016 年 9 月 21 日(水)18:00~21:00
*18:00~20:00 上映会 「女を修理する男」
*20:00~21:00 講演会 「コンゴの紛争資源問題からとらえるビジネスと人権」
           山崎 昌宏 電子情報技術産業協会(JEITA)
           上田 肇 京セラ 資材本部 SCM リスク管理課責任者
           田中 滋 アジア太平洋資料センター(PARC)
          (司会:華井 和代 東京大学公共政策大学院 特任助教)
会場:東京大学 駒場キャンパス 18 号館ホール

詳細はこちら

お申し込みはこちら

東京大学博士課程教育「社会構想マネジメントを先導するグローバルリーダー養成プログラム」(GSDM)の企画に参加する、というものです。
21時まで講演会があります。
【快てき会!】メンバーで、そのあとちょっとだけ話をする時間を持ちたいと思っています。
席数に限りがあると思いますので、
参加希望の方は、お早目のご登録をお勧めします!!!

お申し込みが完了された方は、佃までご連絡ください!!!
当日、お会いしましょう!


第83回【快てき会!】 お葬式ワークショップ

皆様、こんにちは!ツクダです。
今回は、【お葬式】を見つめ直します!

テーマ : 『思い込め ひとつだけの棺』
       ~手づくりのお葬式から考える、コミュニティでつながる新たな葬送~

内容 : 「これから楽交」の活動からうまれた葬送体験の事例を通じて、
      それぞれの自分らしい葬送を一緒に考えます。

スピーカー : 田畠麻帆さん
      一般社団法人これから楽交 事務局に2013年立ち上げから携わる
      グリーフケア・アドバイザー1級

      新卒採用1期生として日本リサイクル運動市民の会「らでぃっしゅぼーや」に配属。
      安心安全な食と暮らし、持続可能な社会のあり方に強く影響をうけ、今へとつながる。

      幼少に体験した、看護師の母が勤める病院での経験。
      私の周りに、お年寄りがわらわらと集まり皆さんポケットから飴を差しだす姿がとても寂しそうで。
      後から、普段も家族はお見舞いにもこなく、お正月でも家に帰れず病院で暮らしていると聞き、
      人生の最期に対してのモヤモヤがわく。
      最期まで地域で自分らしく生き逝きたい私自身のためにも、解決を見つけたいとアタフタ動いています(^^)

日時 : 2016年4月9日(土曜日) 14:00~16:30

会場 : お茶の水会場 JR御茶ノ水駅から徒歩5分
     ※参加者に直接ご連絡します。

お申し込みはこちら!
info@peace21.co.jp

会費 : 一般 2,000円 学生 1,500円
      高校生は無料!
定員 : 12名(先着順)

      
田畠麻帆さんからのコメント:
~『思い込め ひとつだけの棺』エピソード~
「着物にふれて感動した。きっと喜んでいると思います。」
「華やかな棺は、明るく優しい先生らしい。」
都内の斎場でいとなまれた葬儀。
祭壇の前に置かれた棺は、87歳の女性が長年大切にしていた花嫁衣裳の色打掛を、
コミュニティでつながる仲間が集まりカバーに仕立て直し、
見送る皆さんで取り付けた「ひとつだけの棺」でした。(朝日新聞に掲載)

急速な高齢化と核家族化がすすみ、本来暮らしのなかにあった生と死、生命の営みは見えづらいものとなりました。
人と人との繋がりが希薄となった現代。
便利さや効率さが優先される社会では葬送も形骸化し、
偲ぶ、弔うという本来の意義や意味を、どこか見失ってはいないでしょうか?
ひとりで抱えるには難しいたくさんの課題を解決する糸口として、新たなコミュニティのカタチが求められています。
活動からうまれた葬送体験の事例を通じて、それぞれの自分らしい葬送を一緒に考えてみませんか?


一般社団法人 これから楽交:http://www.korekara-gakko.net/
「これから楽交」は生き方と逝き方を楽しく学び合うコミュニティです。

現在9カ所の地域でそれぞれの特色を活かした活動をしています。
生協やWE21ジャパンなど衣食住を考える団体や、
医療や介護や看取りなどナラティブなケアに携わる団体、行政、企業と連携し、
命をひとつながりに考えるコラボ講座やワークショップなどを開催しています。

皆さんのご参加をお待ちしております!

お申し込みはこちら!
info@peace21.co.jp

会費 : 一般 2,000円 学生 1,500円
     高校生は無料!
定員 : 12名(先着順)

対象 : もの作り系の学生・セミプロ・プロ・教員、医療系の学生・
     理学療法士・作業療法士・ケアマネージャー・ヘルパー・教員、
     障がい者・そのご家族、物販関係者、その他興味のある方

タイトルに【〇月〇日快てき会!参加申し込み】と記載の上、
下記内容をお書き下さい。
info@peace21.co.jp
1 お名前
2 一般/学生の種別
3 所属 (例:もの作り系:学生・セミプロ・プロ・教員・リフォーマー、
  医療系の学生・理学療法士・作業療法士・ケアマネージャー・ヘルパー・教員、
  障がい者・そのご家族、物販関係者、特に所属はないが話が聞きたい!など)
4 連絡先(携帯等)
5 その他、当日特に聞きたいことなどありましたらお書き下さい。

お待ちしております! 
終了後には、交流会を行います。
交流会のみの参加もOKです。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。
info@peace21.co.jp

http://peace21.co.jp/kaiteki.html

第79回【快てき会!】のお知らせ

心のバリアフリー映画 『千里翔べ』

完 成 披 露 試 写 会 の お 知 ら せ
2015 年 12 月 6 日(日) 14:30~

会場:「日比谷図書文化館」
千代田区立 日比谷図書文化館 地下一階
千代田区日比谷公園 1 番 4 号
(旧・都立日比谷図書館)

第73回の【快てき会!】で、
堀河監督の『上にまいります』の試写会を行いました。
その、堀河監督の最新映画が完成しました。

この映画は、クラウドファンディングの協力も活用し完成しました。
プロジェクト名:
「脳性まひの少年の、映画俳優になるという夢を叶えたい!」
みなさまのご支援により、目標金額を達成することができました。
【快てき会!】からも、協力させて頂きました。

主役は脳性まひの健吾くん。
友情出演に、乙武洋匡さん & あそどっぐさん。
心のバリアフリーを根幹に、自然と人間の共存を考える朗らかな短編映画です。

今回の【快てき会!】では、
堀河監督の伝えたいことを、受け取りに行きたいと思います。

スタジオウーニッシュ主催の試写会につき、
入場無料です。

≪第 1 部:試写会≫
(司会:北條真、西川綾乃)
14:30~ 開場・受付開始
14:55~ 監督挨拶
15:00~
* クラウドファンディング支援者 antena.様 CM 上映
* 本編上映(聴覚障がい者用日本語字幕が付きます)

15:35~ キャスト、スタッフ挨拶
(自己紹介、撮影時のエピソードなど)
フォトセッション
16:10~ 試写会終了
試写後、キャスト&スタッフ、関係者にて≪第 2 部:完成披露パーティー≫が行われます。

参加ご希望の方は、12/1までに、
こちらまで! ⇐ クリック!

試写会

完成披露パーティー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。