様々な人たちとの意見交換の場
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第82回【快てき会!】は、
「ちょうふPJ コミュニティカフェ開設シュミレーション」
を、下記の通り、開催しました。

2016/3/3 13:00~17:00
お茶の水会議室
参加メンバー:ちょうふPJ準備委員

・高齢な両親の在宅生活の支援
・家族介護に頼らなくても、安心できる地域の情報発信基地を作りたい

という動機から、意を同じくするものが集まり、検討を重ねています。

今回は、
公益社団法人 長寿社会文化協会(WAC)
全国コミュニティカフェ・ネットワーク 事務局が運営する、
第2期コミュニティカフェ開設講座(1月24日(日)~3月6日(日))に参加したことで、
具体的な計画書を作成する、ということに挑戦しました。

今後は、開いた検討会も企画したいと考えています。


スポンサーサイト
第72回【快てき会!】は、

 「地域で暮らす~ちょうふPJ~」

です。

【快てき会!】では、衣服~生活雑貨~旅・モビリティまで生活に関わる幅広いテーマを扱い、
勉強会・もの作り活動・育成活動・循環活動を推進し、情報発信を行ってまいりました。

2015年からは、2017~2018年にリアルな活動拠点をもち、
誕生から看取りを視野に入れた、
安心して地域で暮らすためのネットワークを作っていきたいと考えています。

厚生労働省の平成22年調査によると

平均寿命    男性79.64才  女性86.39才

健康寿命    男性70.42才  女性73.62才

不健康な期間 男性9.13年 女性12.68年


http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/chiiki-gyousei_03_02.pdf
とのこと。

この、不健康な期間、という響きは、ちょっと怖いですね。((+_+))

リアルな拠点地域は、東京都調布市。
ここには、私の両親と叔母叔父が暮らしています。
平均年齢77歳。
今のことろ、全員「お達者さん」です。

できる限り長く、自分らしい個性ある暮らしをしてほしいと思っています。
また、もてる力を小さな子供たちのために、社会に、還元してほしいと思っています。

そこで、2010年10月9日(土)から始まった、【快てき会!】の蓄積を、
リアルに地域に還元できるようにしたいと思います。
その名は、

ちょうふPJ。

このプロジェクトで、話し合っていくことが、
様々な地域でも生かせるようにと、考えています。

今回、お話しいただくのは、
ちょうふPJのメンバーでもある、玉田拡之さん

プロフィール :
玉田 拡之   タマダ ヒロユキ

1954年東京生まれ。 介護インストラクター

大学卒業後、バンタンデザイン学校にてMDを学びながらジュニアブランドの「ハ
ニーハウス」に就職。
1980年に「イ-ストボーイ」創業の営業として勤務、以来24年に渡りファッショ
ン業界で新規ブランドの立ち上げから店舗運営、商品開発、ブランドMDとして活
躍。
2000年に両親の介護のため介護業界デビュー。ユニバーサルファッション協会と
の出会いもこの時から始まる。
また、NPO法人プレジャーサポート協会の理事として理事長の馬場氏と共に百
貨店やホテルなどのサービス業界へ障がい者や高齢者への対応スキル研修「ハー
トフルサポート講習会」を現在も行っている。
介護職としてはデイサービスのヘルパーから施設長、
2006年からは有料老人ホームの施設長を経験。
2014年からは介護福祉教育学院の講師として求職者支援に力を注いでいる。
また、2011年3.11の東日本大震災のボランティア活動から馬場氏が立ち上げた社
団法人日本災害救援活動士協会のインストラクターとしても活動中。

玉田さんが経験してきたことを通して感じている、
地域活動に生かしていきたいことをお話しいただきます。

日時:2015年5月23日 土曜日 14:30~17:00
会場:みんかい(NPO楽生/株式会社ASFON)

  〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-2-21泰山堂ビル8階
  TEL/03-5436-7828  FAX/03-5436-7853
  JR山手線「目黒駅」西口、東急目黒線・南北線・三田線西口
  または中央口より徒歩2分。
  1階『ベローチェ』左横の入口よりエレベーターをご利用ください。
  http://minkai.jp/access/print/tokyo_s.html
参加者:12名まで
参加費:1,000円(お茶菓子付!)

14:00 開場
14:30 開始 玉田さんのお話
16:00 参加者との話し合い
17:00 終了
終了後、懇親会を近隣居酒屋さんにて行います!

お申し込みは、こちらから! ⇐ クリック!

第69回 【快てき会!】~ちょうふPJ~

【快てき会!】では、
それぞれの人にとっての【快適】を改めて見直していき、
これからの【快適】を発見していくことで、
共に暮らしていける社会を探求しています。

~ちょうふPJ~では、
東京都調布市において、
共に快適に暮らす発信基地の開設をめざし、
話し合っています。

「衣食住+健美働余学」
:食べる、作る、直す、循環(売る、交換する、学び合う)
:食堂、テイクアウト、配食、農業、農産・加工品販売
:住宅改修(相談・施行)
:健康に関すこと全般 介護ヘルパー派遣
:美しさを引き出すためのあれこれ
:雇用創出 高齢者・在宅者・障がい者
:余暇の充実 旅 住民セミナー
:学び合い 放課後学習所
など、メンバーの特性を生かしながら、
メンバー共々地域で有意義に暮らしていける寄合所を目指しています。

最低限必要なのが、トイレを含むバリアフリー環境です。
人的サポートで越えられるものは、バリアアリーでもOK。
ですが、排泄、移動については環境で保証しなければなりません。

資金のこと、場所のこと、暮らしのこと・・・、
話し合うことはたくさんあります。

どうすれば、2018年に開業できるか、
知恵を結集させていきます。

2015/3/26 木曜日
15:00~17:00  神田ルノアール 会議室
今回は、会場の都合上参加者募集を閉め切りました。

ご関心のある方は、次回以降、是非ご参加ください。
よろしくお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。