FC2ブログ
様々な人たちとの意見交換の場
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
快てき会!】のお知らせ
ウエイトやサポーターなど9種類の器具を装着し、
街や施設内で高齢者擬似体験!

第92回【快てき会!】は、一般社団法人日本ウエルエージング協会(WAJ)のインスタント・シニアインストラクターをお招きし、『高齢者擬似体験研修プログラム  インスタント・シニア』の体験研修会を行います。

「老化」とはどんなことなのか?
自分で実際に高齢者疑似体験することにより、
自分の在り方や他者とのつながり方について、様々な気付きが得られます。
この気付きを通して、
青少年教育、生涯教育、社員教育、
商品開発、住環境、サイン計画や、まちづくりなど、
共生社会への取り組みが、各地で進められています。
この機会に、是非、ご体験ください。

講師:般社団法人日本ウエルエージング協会(WAJ)公認
インスタント・シニアインストラクター 青木一由さん

インスタント・シニアとは?
高齢者に近い状態を一時的に経験できる機会を提供する研修プログラムです。
※一般社団法人日本ウエルエージング協会は、このプログラムの開発者で著作権を持つカナダ・オンタリオ州政府から、日本で唯一使用を認められた団体です。

プログラムを受けるのはどんな人?
教育機関、中央官庁をはじめとする行政機関、医療機関、金融、流通、交通、建設・設計、インテリア・デザイン、地域開発、商品開発、メディア、ボランティア団体、高齢者団体など幅広い機関が研修を実施されています。当協会が実施する研修回数は、年間平均130回で、受講者数は毎年3,000人を超す多数の方々がインスタント・シニア体験研修をされています。

プログラムから何が得られるの?
「高齢者の視点から社会を観察」することができます。高齢者の身体的機能の衰えやそれに伴う心理状態を実感すると、私たちを取り巻く生活環境のさまざまな問題が発見できます。まとめると、
①    高齢者の身体的な自然な老化を実感する
②    心理的にどう影響するかを知る
③    他人の問題ではなく、自分の問題としてとらえる
ことができます。
そして、それら問題の解決策を考え実行する絶好の機会になります。

たとえば、これまで以下のような解決策の実施に役立ちました。
社員教育の実施/建築物や街のバリアフリー化/段差の改善/通路の拡張/
照明・インテリアの変更/家具のレイアウト変更/休憩用ベンチの増設/
エスカレーター等の安全対策見直し/商品開発/商品デザインとパッケージ変更
帳票類のデザイン変更/パンフレットなどのデザイン変更/
値札・サイン・陳列方法の変更/接客サービスの改善/ドライバーの運転改善、

プログラムの内容は?
オリエンテーション後、ウエイトやサポーターなど9種類の器具を装着。あらかじめ設定した課題をチェックしながら、街や施設内で高齢者擬似体験研修をします。その後、ディスカッションや発表を通して受講者同士で体験を共有します。1コースにかかる時間は2時間半ほどです。プログラムを修了された方には【高齢者擬似体験研修プログラム「インスタント・シニア研修修了証」】をお渡しします。


日時 : 2018年5月30日(水曜日) 13:30~16:00
会場 : 調布市市民プラザあくろす 研修室5
調布市国領町2-5-15 コクティー3階

スケジュール
13:15  開場
13:30~ 開始 オリエンテーション
         高齢者擬似体験
         ディスカッション
16:30  終了予定

お申し込みはこちら!
info@peace21.co.jp

会費:3500円
定員:6名

タイトルに第92回 【快てき会!】参加申し込みと記載の上、
下記内容をお書き下さい。
info@peace21.co.jp
1 お名前
2 所属 
3 連絡先(携帯等)
4 その他、当日特に聞きたいことなどありましたらお書き下さい。

info@peace21.co.jp

スポンサーサイト
第91回【快てき会!】第3弾☆スピリチュアル系元国連職員、再び吼える!

どうしてもこの方のお話しが直接聞きたい!
ということで、3回目のご登場をお願いしました!
萩原孝一さんです。

1985年に国際連合工業開発機関(UNIDO)に工業開発官として採用される。
2012年3月、27年間在籍した国際連合を定年退職。
国連では主に途上国の産業開発支援を担当し、
アフリカ20カ国で日本からの技術移転や投資促進事業にユニークな成果を残す。
現在は、アフリカ協会特別研究員であり、桜美林大学非常勤講師。

2011/12/1に、
「スピリチュアル系国連職員、吼える!
―ざまあみやがれ、今日も生きている 」
を上梓されました。
そして、昨年2016/12/2に
「スピリチュアル系元国連職員、再び吼える!
人類史上初、宇宙平和への野望~あなたの幸せは、宇宙からはじまる 」
を上梓されました。

【快てき会!】には、
第28回【快てき会!】2012/4/20 第一回目、
第41回【快てき会!】2013/3/30 第二回目、
第91回【快てき会!】2017/10/15 第三回目のご登壇です。

スピリチュアル系元国連職員、再び吼える!
人類史上初、宇宙平和への野望~あなたの幸せは、宇宙からはじまる
の内容紹介のご紹介です。 アマゾンからの抜粋です。
元国連職員の著者のもとに、あるとき訪れた「声」のメッセージは……、
「地球を救え」
そして「今、ここに生きよ」という言葉の通り、
著者は「闘う男」から「愉しむ男」へと、コペルニクス的大変身を遂げた・・・。

第91回【快てき会!】第3弾☆スピリチュアル系元国連職員、再び吼える!
日時:2017/10/15 日曜日 14:30~17:00
会場:JR御茶ノ水近隣にて 別途、参加者に詳しい会場についてお知らせします。

スケジュール
14:00 開場
14:30~ 開始 参加者自己紹介
14:45~ お話
16:15~ 意見交換会
17:00  終了予定

お申し込みはこちら!
info@peace21.co.jp
終了後、交流会も企画中です。

会費:一般 2,000円 学生 1,500円
定員:12名(先着順)

対象:興味のある方

タイトルに第91回 【快てき会!】参加申し込みと記載の上、
下記内容をお書き下さい。
info@peace21.co.jp
1 お名前
2 一般/学生の種別
3 所属 
4 連絡先(携帯等)
5 その他、当日特に聞きたいことなどありましたらお書き下さい。

お待ちしております! 
終了後には、交流会を行います。
交流会のみの参加もOKです。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。
info@peace21.co.jp
第90回【快てき会!】『リファッション 2017 シンポジウム 』
リアルなシンポジウムのお知らせ!

リファッション 2017 シンポジウム
「リファッション4.0を考える~新たな豊かさを求めて~」


長屋 宏和氏 (ピロレーシング代表 2013年人間力大賞グランプリ受賞、内閣総理大臣奨励賞受賞)、
濱中 知子氏(ハマナカ株式会社 代表取締役社長)「おもい つたわる ハマナカ」
などなど、お話しも楽しみです。

主  催 : ファッションビジネス学会(FB学会)リファッション2017実行委員会
共 催 : FB学会リファッション研究部会 同アパレルリサイクル研究部会
同服装社会学研究部 同ユニバーサルファッション研究部会
後 援 : ファッションビジネス学会 NPO法人日本ファイバーリサイクル推進協会 
NPO法人ユニバーサルファッション協会 
日 時 : 2017年7月8日 13:00~16:30
会 場 : 文化学園C館9階C091

参加費:1,000円 一般   
    無料   後援・協賛者/高校生以下       
         ファッションビジネス学会会員  
         ユニバーサルファッション協会会員
懇親会 17:30~
参加費:2,000円 

どなたでもご参加いただけます。
今年は、【共生】【文化】【教育】【テクノロジー】【想像力】
といったキーワードが感じられる内容です。

お気軽にご参加ください。
席に限りがあるため、事前のお申し込みをお願いいたします。

チラシ表

チラシ裏



【共に生きる】【循環型社会の実現】ことをテーマに、
様々な専門家・活動家・生活者の方々にお話しいただき、
参加者同士話し合うことで、各々の視点を広げ、
されにそれを、各々の仕事・暮らしに活かしていく・・・、
というスパイラルアップ流れを作っていく。
それが、【快てき会】の趣旨です。

さて、昨今、産業政策を担う経済産業省若手官僚プロジェクトが、発表した一通の文書が反響を呼んでいます。
「不安な個人、立ちすくむ国家〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜」

65枚にのぼるパワーポイントの資料は、
多くの日本における「既存の意識」と「現実」がずれているか!
その軋みを、畳みかけるように提示しています。

戦後直後の1947年に施行された日本国憲法は、
【国民主権】【基本的人権の尊重】【平和主義】を宣言し、
復興を目指し、社会経済・福祉行政が進められてきました。
その中で構築されたシステムは、戦後72年となる現在、
行き詰まりを露呈しています。

前述の若手官僚プロジェクトにも相談役として関わってきた、
経産省の人材政策の責任者、働き方改革の中心人物である
伊藤禎則参事官へのインタビュー記事を抜粋すると・・・。
(出典:https://www.businessinsider.jp/post-33716)

「これから『1億総学び社会』が来る。一番大切なのは、生涯学び続けること」
1. AI到来で生まれる格差
2. 人生100年時代で変わる働き方
3. 生産性向上への王道
「従来の雇用モデルは均一的な仕組みだったが、新たなモデルの特徴は多様性にある。『選択肢』を増やすことだ」
「現在、学生の方も社会人になりたての方も、80歳まで仕事する時代で、環境は大きく変わっていくというのが大前提」
「まずはリベラルアーツ(教養)や、人と交わる力といった、しっかりした素養を身につけたくさんの経験をして、複数の手持ちの『カード』をもつことではないでしょうか」

ということです。これから、いったいどうなるのか?
答えを示唆する情報は、あえて書かれていない、ということですが、
ちょっと暗い気持ちになりました。
とは言え、多様な働き方を考える良い機会だと思いました。



2017年の第一弾
第89回【快てき会!】
『自分の人生の幕の引き方』を考える!

ある日、突然?やってくるであろう『人生最期の幕』。
思い残す事がないようにしたい気持ちはあるけれど、自分に必要な準備とは?
お金のこと、財産整理のこと、お葬式のこと等を、
現在、中央大学大学院法学研究科で成年後見について研究している、
現役信託銀行マンに、リアルに教えてもらいます。

スピーカー:土橋 正忠さん
プロフィール:
1983年大手信託銀行に入社。
資金運用業務・年金信託業務・不動産業務・遺言信託業務・融資業務等を歴任。
現在、大学等が主催するシンポジウムのパネリストとして
「成年後見制度と信託の融合」について分かりやすく解説をされています。

日時 : 2017年2月18日(土曜日) 13:30~16:30
会場 : 調布市市民プラザあくろす3F
男女共同参画推進センター内 研修室1
調布市国領町2-5-15

スケジュール
13:00  開場
13:30~ 開始 参加者自己紹介
13:45~ 土橋 正忠さんのお話
15:30~ 意見交換会
16:30  終了予定

お申し込みはこちら!
info@peace21.co.jp

会費 : 一般 2,000円 学生 1,500円
      高校生は無料!
定員 : 12名(先着順)
      

対象:もの作り系の学生・セミプロ・プロ・教員、医療系の学生・
理学療法士・作業療法士・ケアマネージャー・ヘルパー・教員、
障がい者・そのご家族、物販関係者、その他興味のある方
タイトルに第89回 【快てき会!】参加申し込みと記載の上、
下記内容をお書き下さい。
info@peace21.co.jp
1 お名前
2 一般/学生の種別
3 所属 (例:もの作り系:学生・セミプロ・プロ・教員・リフォーマー、
  医療系の学生・理学療法士・作業療法士・ケアマネージャー・ヘルパー・教員、
  障がい者・そのご家族、物販関係者、特に所属はないが話が聞きたい!など)
4 連絡先(携帯等)
5 その他、当日特に聞きたいことなどありましたらお書き下さい。

また、会終了後、2Fにあるワタミにて、懇親会を開きたいと思います。
17:00~19:00くらいまでと思っております。
是非とも、ご参加ください。
よろしくお願いいたします。
     心にピース!
       心にピース! 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。